ベビーシッターになる流れと最低条件

実はベビーシッターには絶対に必要な資格はありません。

つまり、これといったスキルがなくても「ベビーシッター」と名乗る事は許されているという事です。
しかし雇用する側として見れば何かしらのスキルや資格がなければ不安がつきます。

何よりベビーシッターの仕事で役立つスキルや資格があったほうが雇用する側としても信頼でき、求人に応募する側としても就職に効果的です。


実のところ、ベビーシッターになるには2つの流れがあります。

まず1つ目の流れは「ベビーシッター認定資格」というものを取得する事です。
これは民間資格として法人が定めており、子供の面倒を見る必要な知識と技術を持っている証拠です。



専門の業者ではこの資格がなければ登録する事ができなかったり求人の採用条件だったり等あったら都合が良いケースが多いので取得をおすすめします。

そして2つ目の流れは保育士養成所に入り、保育士になる事です。

子供の面倒を見る事を仕事としている保育士は子供に対する責任感や経験を身につける事ができます。


そうした体験だけでなく、社会的地位もまた信頼を認めてもらうチャンスとなります。

社会的地位といえば看護師もおすすめです。
理由は子供の体調の変化に供える事ができるからです。

以上がなるための流れですが、どの流れにも共通点があります。



それは「子供を守る力があるかどうか」です。



その証拠こそが資格やスキルというわけになります。それだけでなく、喫煙の有無やペットの飼育の有無も最低条件に含まれます。


top