ベビーシッターを上手に選ぶ

保育園が定員オーバーの今、どうしても入れることができず周りに頼れる人もいないとなるとベビーシッターをお願いしなければならなくなります。


とはいえ、大切なわが子を預けるのですから慎重に選ぶようにしましょう。信頼できるベビーシッターというと料金の安いところは怖くなりますが、実は良心的なお値段でも子供との相性がよく良いシッターさんだったということもあるでしょうし、高いけれどサービスはよくないところだってあります。料金だけに囚われず、実際に目で見て確かめたほうがよいでしょう。

子供や両親との相性のよい方を見つけ出しましょう。
ベビーシッターには正式な資格はないため誰でもなることができます。

安いところでお願いした結果、知識も経験もない大学生のアルバイトだったということになると万が一のときに困ります。



大手の方がシッターの教育が行き届いており、万が一その方が来られなくなっても代わりの人がいるというメリットもあります。

日本経済新聞について気になる方はこちらです。

ただ、料金ががちがちに設定されている分、それとは別のことでちょっとお願いしようと思っても融通が利かなかったり別料金が発生したりといった点もあります。


個人のシッターもいます。

その方が仲介会社を介することなく直接交渉でき、我が家にあった形を取ってもらえるでしょうが、シッターさんが体調を崩した場合などの代わりはいません。



それぞれにメリットデメリットがあるため、それを理解した上で自分たちに合ったほうを選びましょう。

知っておきたい常識

実はベビーシッターには絶対に必要な資格はありません。つまり、これといったスキルがなくても「ベビーシッター」と名乗る事は許されているという事です。...

more

対策方法

ベビーシッターは、増加している共働き世帯のためにありますが、仕事と家庭の両立という深刻な問題が背景にあります。本来なら、仕事をしていても育児のための時間を与えてくれ、仕事しやすい環境を作るのがベストですが、日本はなかなかそういう労働環境になっていません。...

more

生活についての考察

赤ちゃんや小さい子供を家に残して出掛けるのは不安です。どうしても外せない用事や息抜きに出掛けたい時などは、インターネットのベビーシッター専門サイトを利用すると良いです。...

more

生活の実態

どうしても子供の世話ができない日が出てくるでしょう。そういう時は、ベビーシッターに頼んでみてください。...

more
top